腸閉塞

腸閉塞(イレウス)は腸管が閉塞し、食べものや消化液、ガスなどの内容物が通過しなくなる病気です。腸閉塞は腸管の閉塞、イレウスは腸管の麻痺、と区別されることもありますが、一般的には同義で語られています。今回は腸閉塞について解説いたします。

スポンサードリンク

腸閉塞とはどのような症状の病気なのか?

さまざまな原因で腸管が閉塞し、食物や消化液、ガスなどが通過しなくなる症状をいいます。腸管内が腫瘍や異物で塞がったり、腸同士が癒着して通らなくなる機械的閉塞と、腸管の運動機能が低下して起こる機能的閉塞があります。

腸管が閉塞すると、腸がねじれたり、拡張したりするので、差込むような強い腹痛、吐き気、嘔吐が起こり、排便や排ガスができなくなり、腹鳴がみられます。

腸の内容物の通過障害のみが起こるものを閉塞性腸閉塞(単純性腸閉塞)、血行障害をともなうものを絞扼性腸閉塞(こうやくせいちょうへいそくまたは複雑性腸閉塞)といいます。絞扼性腸閉塞では、頻脈、発熱、尿量の減少などもみられます。腸捻転は厳密には絞扼性腸閉塞の分類の中の一つの疾患ですが、一般的に混同して論じられることも多く、医療関係者でもない限りは同義と捉えてもほとんど問題はありません。

急激な強い腹痛が特徴的な症状ですが、キリキリ痛む疝痛が間欠的に起こる場合と持続的に起こる場合があります。腹鳴のあとでガスや大便が出なくなり、ひどくなると発熱、脱水症状、ショック状態が現れます。絞扼性腸閉塞の場合は、閉塞性腸閉塞よりも痛みが急で激しいのが特徴です。

腸閉塞は、急激な腹痛をともなう病気のなかで、虫垂炎についで多いものです。

【腸閉塞の主な症状】

  • 急激な強い腹痛
  • 吐き気、嘔吐(嘔吐物が便臭がする場合もある)
  • 便、ガスが出なくなる
  • 腹部膨満感:おなかが膨れる感じ

スポンサードリンク

腸閉塞とはどのような原因で発症するのか?

腸閉塞とは、腸管がふさがって、食物やガスなどの通過障害がおこるものです。原因の主なものは、腹部開腹手術による腸管癒着です。

がんや異物で腸管が塞がったり、腸管の癒着でヘルニアなどが起こることを機械的閉塞といい、腸閉塞の原因の90%を占めます。開腹手術や大腸がんによって引き起こされます。麻痺性腸閉塞、痙攣性腸閉塞などが原因で腸閉塞が起こるものは機能的閉塞といいます。

【腸閉塞の主な原因】

  • 腫瘍(がん性腸閉塞)
  • 腸管同士の癒着(術後など)
  • ヘルニア
  • 宿便(糞便性腸閉塞):腸内に長くとどまっている便、またはその症状

腸閉塞の治療法は?

腸閉塞の受診科は、消化器外科、外科、消化器内科、消化器科、胃腸科、内科などになります。治療は早期治療が肝心です。

閉塞性腸閉塞を起こした場合は腸管内圧を下げる処置と抗生物質で治療します。絶飲食をし、栄養状態の悪化や脱水症状、電解質異常の改善のために点満を行います。また、薬物療法で、腸の運動を亢進させたり、排便を促したりするほか、鼻からイレウス管(吸引チューブ)や胃管を挿入し、腸管の内容物を吸入します。改善が見られない場合や、絞扼性腸閉塞の場合はすぐに手術が必要です。

予防や再発防止のためには、飲酒や喫煙を断つこと、食後を安静にする、ストレスをためないようにする、睡眠不足を避ける、適度な運動を行う、身体を冷やさないようにする、便秘にならないように排便をコントロールするなど、生活習慣を整えることは重要です。

食生活では、冷たいもの、脂肪分の多いもの、刺激の強いものは避け、バランスよく消化のよい食事を心がけ、早食いや食べ過ぎをせず、十分な水分補給をするようにしましょう。

麻痺性腸閉塞では、抗コリン作用をもつ薬物の飲み合わせなどにも注意が必要です。

※抗コリン作用:抗精神病薬、抗うつ剤などの副作用として見られるもので、便秘や口渇などの症状があります。

まとめ

今回は腸閉塞について解説いたしました。高齢者が、食事量が少なくなった、腹部が膨満、緊満、急激な腰痛などのときには腸閉塞の可能性を疑い、すぐに専門医を受診しましょう。腸閉塞は再発しやすい疾患ですので、治療を終えても再発予防に十分心がけてください。

スポンサードリンク