クラミジア肺炎

クラミジア肺炎とはどのような症状の病気なのか?

クラミジア肺炎とは、クラミジアという細菌とウイルスとの中間といえる微生物病原菌によって発症する肺炎の総称です。

クラミジアには肺炎クラミジア、クラミジアトラコマチス、オウム病クラミジアといった種類があり、それぞれから起こる肺炎として、オウム病とクラミジアトラコマチス肺炎とがあります。

肺炎クラミジアやクラミジアトラコマチスが引き起こす肺炎では、乾いた激しい咳は同様ですが、高熱になることはあまりありません。

オウム病クラミジアが引き起こす、いわゆるオウム病とよばれる肺炎では、乾いた激しい咳が出て、高熱、頭痛などをともないます。呼吸困難を引き起こすこともあります。

一般的には肺炎クラミジアやクラミジアトラコマチスが引き起こす肺炎をクラミジア肺炎と呼び、人獣共通感染症であるオウム病はそれと区別されています。

【クラミジア肺炎の主な症状】

  • 咳、痰、呼吸困難など

※細菌性肺炎によく似た症状が現れます。

スポンサードリンク

クラミジア肺炎とはどのような原因で発症するのか?

クラミジア肺炎は、クラミジア属の感染により発症する肺炎です。クラミジア・シッタシーという種類がオウム病の原因となり、インコやオウム、ハトなどの鳥に寄生し、感染鳥の乾燥した排泄物や羽毛などを吸入することで人に感染します。

このほかの種としては、人から人へ飛沫感染するクラミジア・ニューモニエや、性感染症の原因で分娩時の産道感染も起こすクラミジア・トラコマチスがあります。

【オウム病の原因】

飼育されているオウムなどの鳥の病気の原因となる鳥型クラミジアが人間に感染しておこる肺炎です。

【クラミジア・トラコマチス肺炎の原因】

結膜炎の一種であるトラコーマの原因となるクラミジア・トラコマチスの感染によっておこる肺炎です。

クラミジア肺炎の治療法は?

クラミジア肺炎の受診科は内科や呼吸器内科になります。テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗菌薬による薬物療法が有効です。オウム病は、4類感染症に分類されているため、家族に感染者が出た場合は、家族全員で診察を受けるようにしましょう。

【クラミジア肺炎の治療法】

テトラサイクリン系の抗生物質の投与が有効です。

スポンサードリンク