猫の爪切りの上手なやり方のコツは?頻度はどれくらいがいいの?

可愛い猫ちゃんですが、野生では狩猟を得意とするハンターです。その前足と後ろ足には鋭い爪がありますので、飼い猫の場合はこの爪のケアも飼い主がしっかりしてあげる必要があるのです。今回は猫の爪切りについて解説いたします。

スポンサードリンク

猫の爪切りの上手なやり方のコツは?

猫の爪切りについて解説する前に、猫の爪の構造について理解しましょう。構造的には、先端が鋭く尖っていて、湾曲したかぎ状の形をしています。ミルフィーユのように薄い層状になっているのが特徴で、一番外側の爪が最も古く、その下に新しい爪が何枚も層状に重なり合っています。

狩猟動物の本能で、猫は自分で爪研ぎを行う習性を持っています。多くの猫がご家庭の壁や柱やソファなどの家具で爪を研いでボロボロにしてしまいますし、対策として猫用の爪研ぎを活用しているご家庭もたくさんあるかと思います。

鋭く研いだ爪は、当然ですが人間にとっても危険な武器になります。何かのはずみでひっかかれた場合は大ケガにもなりかねません。猫の爪研ぎは人間の爪切りのように爪を短くなだらかにする作業ではなく、爪を鋭く鋭利に尖らせる作業なのです。そこで飼い猫の場合は爪切りが必要になるわけです。

成猫の場合は、普段から手足や肉球を触って徐々に慣れさせるのがコツです。どうしても嫌がる時は猫を洗濯ネットやクッションカバーなどに入れ、手だけを袋の口から出して爪を切る方法がおすすめです。猫ちゃんから爪切りが見えないので恐怖心がやわらぎ、おとなしく切らせてくれるでしょう。また、老猫になるとあまり爪研ぎをしなくなり、爪が伸びすぎて肉球や指に食い込むという事例が増えてきますので、こまめなケアが必要です。

簡単な猫の爪切りの方法

  1. ひざの上で抱っこする
    爪を切る道具にはペット用の爪切りを使用します。猫をひざの上に乗せて、後ろから抱きかかえるようにして爪を切る手をしっかり固定します。
  2. 指先を押して爪を出す
    猫の指の付け根と肉球をそっと押さえて爪を出しましょう。あまり強く押すと嫌がるので優しく行なってください。
  3. 爪の先端だけを切る
    白く透けている爪の先端の尖った部分だけを2〜3mmだけ切ります。爪の中には血管と神経が通っています。切りすぎると出血と痛みで爪切り嫌いになるので十分に注意してください。

スポンサードリンク

猫の爪切りはどれくらいの頻度で行なうのがいいのか?

猫は毎日自分で爪研ぎをすることで外側の古い爪をはがし、その下の新しく鋭い爪を露出させます。爪は狩りにおける大切な武器なので、常に鋭い状態を維持しておく必要があるのです。しかし、猫と人間が一緒に生活する上では、この鋭さが厄介な存在になってしまいます。ソファや壁などあちこちで爪研ぎをされてボロボロになってしまった…というご家庭も多いことでしょう。また、猫を抱っこしたときに爪が服に引っかかったり、ふとした拍子に手や腕を引っかかれたりすることも日常茶飯事ではないでしょうか。

そこで、人間側の実に勝手な都合ではありますが、室内で暮らすネコの場合は爪切りが不可欠になってきます。子猫の頃から爪切りに慣らしておき、定期的に行なうようにしましょう。

頻度の目安としては子猫や若い猫の場合は1週間から10日に1回程度、老猫の場合は3週間に1回程度で十分でしょう。

まとめ

今回は猫の爪切りについて解説いたしました。野生動物として欠かすことができない大切な武器ですが、家猫の場合は少し厄介な存在である猫の爪。定期的に爪切りをして尖りすぎないようにケアをして、猫ちゃんとのより深く楽しいコミュニケーションを育んで下さい。

スポンサードリンク