猫が顔や体をすりすりこすりつけてくる理由や意味は何?

猫の特徴的な行動の一つに、体やおでこを飼い主の足元にすりすりとこすりつけてくるというものがあります。たまらなく愛らしい仕草で、飼い主をすっかり癒してくれますが、このチャーミングな行動の本当の意味はなんなのでしょうか?今回は猫の「スリスリ」について解説いたします。

スポンサードリンク

猫がすりすりしてくる理由や意味は何?

自分の匂いをマーキング

猫はエサをねだる時や甘えたい時に、猫は足に頭をすり寄せて、体を密着させてきます。飼い主としては顔や体をこすりつけられると、甘えられているようで嬉しくなりますよね。でもネコが人間にこの「すりすり」をする理由は、ほとんどの場合が自分のニオイをつけるための行動というのが真相です。つまりこの行為はマーキング行動の一種なのです。

猫の頭や口にはニオイ物質(=フェロモン)を分泌する「臭線」(しゅうせん)という器官がいくつかあります。頭をごっつん、顔をスリスリこすりつけて、大好きな飼い主はもちろんのこと、家具やお気に入りの場所にマーキングして、「わたし(ぼく)の縄張りだから安心」という気持ちになっているのです。

飼い主の足元にすりすりをする際には、主に頭部としっぽにある臭腺が使われています。これは縄張りを主張するためだけではなく、相手に自分の臭いをつけて安心感を得るためにも行われます。飼い主が帰宅した際にスリスリすることが多いのは、飼い主の体から「外」のニオイがするからです。猫の嗅覚は人間の数万倍あり、いつもと違う匂いがすると落ち着かないため、猫だけにわかるニオイを撤いているのです。

来客に対してもスリスリすることがありますが、すべて同じ理由です。お客さんが来ると、必ずスリスリごっつんするコもいます。人なつこく、自己主張の激しい性格のコに多いようです。これらはストレスによるスプレー行為とは違って、リラックスしていると思っていいでしょう。

ちなみにしっぽの先にも臭線があります。器用にしっぽを巻き付かせるのはそのためです。

スポンサードリンク

甘えたい時にスリスリする場合もある

猫にスリスリされると飼い主やネコ好きは、撫でてあげたり、「よしよし」などと声をかけたりしますね。これはネコにとっても嬉しいことなので、「スリスリするとかわいがってもらえる」と学習したネコは、甘えたい時にも体をこすりつけてくるようになります。

つまり、スリスリには匂いづけだけでなく、愛情表現の意味合いもあるのです。いずれにせよ猫がすり寄ってきた時は、拒まずに思う存分すりすりさせてあげましょう。

また仔猫は母猫に何かを要求したいとき、スリスリをすることがあります。これは甘えの意味も含まれており、成猫になっても名前を呼んだだけで、スリスリしてくるコもいます。いたずらをして叱られたときにも同様の行為を見せるコもいます

そう考えると「スリスリ」には、いろんな意味が込められていると考えられます。
「お帰りなさい」「ご飯が食べたい」「なでて欲しい」「ごめんなさい」などなど、猫ちゃんの気持ちを想像しながら要求の意味を考えてあげると、やがて猫とのコミュニケーションが上手になるのかも知れません。

またメス猫が発情したとき、人間にまとわりついて、頭などをこすりつけてくることがあります。その場合は大きな独特の声で鳴いたり、床の上に転がって体をくねくねさせたり、お尻を上げるポーズをしたりと普段とは違う様子を見せるのですぐわかります。

ネコの臭腺はどこにある?

【顔まわり】

口の両端、あごの下、おでこに臭腺があり、飼い主や家具など身近な物にスリスリし自分のニオイをこすりつけます。

【しっぽ】

しっぽの付け根に臭腺があります。しっぽを人や物に巻きつけてこすり、ニオイをつけます。

【足先】

爪の周囲に臭腺(指間腺)があり、爪とぎの際に爪を立てて引っかくことでニオイとひっかき跡を残します。

【肛門】

肛門の左右に肛門のうと呼ばれる袋状の器官があり、排便時にニオイの強い分泌液を排出します。

まとめ

今回は猫の「すりすり」について解説いたしました。マーキング、エサのおねだり、ごめんなさい等、スリスリをするのはいろいろな理由や意味があるのですね。猫ちゃんがスリスリをしてきたら気持ちを読み取って要求や期待に応えてあげましょう。

スポンサードリンク