猫の睡眠時間はどれくらい?夜は寝てるの?年齢によって時間は変わるの?

猫は「寝る子」が語源という説があるほどよく眠る動物です。猫を初めて飼った方は、あまりにも寝ている時間が長いので健康面を心配してしまうかも知れませんがその必要はありません。猫は本当によく眠る生き物なのです。今回は猫の睡眠時間について解説いたします。

スポンサードリンク

猫の睡眠時間はどれくらい?

「うちの猫は寝てばかりだけど、猫はみんなそうなの?」と心配な飼い主さんがいましたらそこは心配無用です。猫の睡眠時間は実に長く、1日に12〜16時間程度と言われています。

もちろん眠り続けているのではなく、日中のうたた寝も含めてですが、1日の約2/3近くを眠って過ごしていることになります。

しかし、常に熟睡しているわけではありません。浅い眠り(レム睡眠)と熟睡状態(ノンレム睡眠)が交互に繰り返され、少し熟睡するとすぐに数十分の浅い眠りが訪れます。これは野生の猫が狩りのエネルギーを温存するために1日の多くを休息にあててきた生態の名残りです。休息の間でも、敵が襲撃してきたなら即座に反応できるようにしておかなければならないため、その血を受け継ぐ飼いネコも眠りが浅く、かすかな物音がしたり、誰かがそっと近づいただけでパッと目を覚まします。

猫も夢を見るの?

余談ですが、猫も人間と同じように夢を見ているのか気になりませんか?

レム睡眠は体が完全に寝ている一方、脳は半分覚醒している状態で、閉じたまぶたの下で眼球が動いたり、体がピクピクする様子が見られます。

人間にもレム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠の時に夢を見ます。レム睡眠がある動物は人間同様、夢を見る可能性が高いと考えられており、猫も私たち人間と同じように夢を見ている可能性は非常に高いと言われています。

実際に寝ているときに手足を動かしたり、口をモゴモゴさせたり、寝言をいう猫は珍しくありません。きっといつも楽しい夢を見ているに違いありません。

スポンサードリンク

猫の睡眠時間は昼間と夜ではどちらがメイン?

猫はもともと夜行性の動物ですが、飼い猫は飼い主の生活パターンに、自分の生活パターンを合わせていくことが珍しくありません。多くの飼い猫の場合は、夜、飼い主が消灯し就寝すると、同じタイミングで寝始めることが珍しくありません。

「夜の運動会」と呼ばれるおなじみの真夜中の大騒ぎも、日中に十分なストレス発散が済んでいれば鳴りを潜めるケースがほとんどで、飼い主が起きる朝までは静かに休む猫が多いです。

飼い主が一人暮らしで猫も単頭飼いの場合は、飼い主が日中の留守の間にずっと寝ていて、夜は起きていることが多くなりがちです。人間から見たら昼夜逆転の生活リズムですが、これが本来の猫の生活サイクルです。

あなたの睡眠の妨げになるほど、いつも夜間に元気に騒ぐような場合は、猫が夜に寝られるように、日中に運動やストレス発散ができるように、遊び道具を用意するなど環境を改善する工夫をしてみると良いでしょう。

猫の睡眠時間は年齢によって変わるの?

猫の睡眠時間は、平均すると一日12~16時間程度です。仔猫の時代にはもっと長く、一日に18~20時間ほど眠ると言われています。

これが10歳以上の高齢猫になると、再び仔猫と同じくらいの睡眠時間になり、さらに年齢を重ねるごとに運動量も減り、寝て過ごす時間が多くなるのが一般的です。

まとめ

今回は猫の睡眠時間について解説いたしました。寝ている時間が多いのは猫の大きな特徴のひとつですので、基本的には何も心配はいりませんが、老猫の場合は体調不良や何かの病気にかかることも多いので「寝ているだけ」と決めつけず、まめに健康状態をチェックしてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク