猫が死に際に姿を見せない理由と気づきにくい老化のサイン

猫は死に際の姿を飼い主に見せないという話を聞いたことはありませんか?この噂は果たして本当なのでしょうか?もし本当だとしたら何故そのような行動をとるのでしょうか?今回はあまり考えたくはないという飼い主さんも多いと思われる「猫の死に際」について解説いたします。

スポンサードリンク

猫が死に際を見せないというのは本当?

猫は死ぬ前に飼い主の前から姿を消すといわれます。死期を察した猫が人間の家族に死んだ姿を見せまいとしているともいわれますが、「先は長くないかも知れない」「もうすぐ死ぬかも知れない」といった考えを持つのは人間だけです。猫もそれ以外の動物も「死」に対して人間が持つような概念は持っていません。

しかしながら、実際に死ぬ前に姿を消す猫がいることは事実です。しばらく姿を見せないと思ったら軒下で冷たくなっていたとか、庭にいたはずなのに見当たらないと探したら物置の奥で息絶えていた、などの話は決して珍しくありません。

このような猫の行動はけっして情緒的なものではなく、はっきりとした理由があります。

猫だけに限らず、野生では弱った動物は真っ先に敵の肉食動物の格好のターゲットとなるため、機敏に動けない状態では、一度狙われたら逃げきることは難しくなります。そこで、病気やケガをした動物は身を守るために敵に見つかりにくい目立たない安全な場所に隠れて、ケガを癒したり体力の回復を待つのです。

この習性はネコも持っており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を潜めるのです。決して自分の死期を悟って姿を消すわけではなく、無事に体調が回復すれば、その隠れ場所から自力で出てくるでしょうが、悪化してそのまま息絶えてしまうケースも少なくないのです。その結果「死ぬ前に姿を消す」という言い伝えが広まったのだと考えられます。

死を察知して死に場所を探して姿を消すのではなく、むしろ死の概念がない分、命が尽きる瞬間まで全力で生き永らえようとするための前向きな行動ととらえることもできます。

交通事故などの場合を除いて、屋外の目につくような場所でネコの死体を見ることがほとんどないのはこのためです。ペットの猫にもそのような野生の本能は残っているので、外に出られる場合はそのまま戻ってこなかったり、完全室内飼いでも押し入れや屋根裏に隠れてしまったりする場合がありますが、自宅が最も安全だと理解している猫は、死ぬ前に姿を消さないどころか、母猫役である飼い主に甘えてくることも多々あり、飼い主に看取られて最期を迎えるネコも多くなっています。

スポンサードリンク

猫の老化はわかりにくいのでサインを見逃すな

あまり考えたくない猫ちゃんの死に際のお話をしましたが、ペットを飼うということは死ぬまで面倒を見ることですので、死に直面します。避けては通れない現実ですが、悲観的に考えずに、ペットの天寿を全うさせて後悔のないようにお別れしたいものです。

猫ちゃんを寿命通り、あるいは寿命以上に長生きさせるためには当然行き届いた健康管理が重要になってきます。個体差がありますが、ネコは6〜7歳から老化が始まります。愛猫に元気で長生きしてもらうには、年齢に応じた適切なケアと異常の早期発見が大切です。

飼いネコの平均寿命は12〜13歳くらいと言われています。獣医学の進歩やキャットフードなどの飼料の改善、愛猫の健康に対する飼い主の意識の向上などにより、最近は20歳近くまで長生きするネコも多くなりました。

しかし年を取ると身体機能が衰え、さまざまな病気のリスクが高まるのはネコも人間も同じです。一日中鳴き続けるなどの痴呆症状が現れる場合もあります。

猫を元気で長生きさせるための条件としては

  • 太らせない
  • 年齢に応じた運動をさせる
  • 生活しやすい環境を整える
  • 健康状態を把握する
  • ストレスを与えない

などの項目が挙げられます。

主な老化のサイン

猫は見た目がいつまでも幼猫時代と大きく変わらないため、いつまでも仔猫のように思えてしまいますが、実はものすごいスピードで老化をしているのです。一匹だけで飼っていると見過ごしがちですが、老猫と幼猫・成猫を比較すると、実際は見た目や体力や行動パターンの面でかなり違いが現出しているのです。

動きが鈍くなる

運動能力が衰えて動きが鈍くなり、一日の大半を寝て過ごすようになります。骨や関節が弱くなり、骨折しやすくなるので要注意。

五感が衰える

視力が低下する、耳が遠くなる、嗅覚が鈍くなるなど感覚が衰えます。ネコの目が白く濁っている場合は獣医師に相談しましょう。

毛づやがなくなる

鼻や口の周りの毛が白くなるほか、、全身の被毛のつやがなくなり、薄く粗くなります。ヒゲも若い頃のような張りが失われます。

爪とぎの回数が減る

爪がさやの中におさまらず、出たままの状態になります。爪とぎをあまりしなくなるので、爪が伸びて指や肉球に食い込むこともあります。

歯が抜ける

ネコは歯堀がたまりやすく、放っておくと老齢になってから歯が抜け落ちることもあります。若いうちからケアをしておくことが大切です。

まとめ

今回は「猫が死に際に姿を見せなくなる」という話の真相を紹介いたしました。弱った体を癒すために、安全な場所に身を隠し、そのまま死んでしまうことが多いためこのような言い伝えが生まれたのです。猫が一日でも長く生きられるように、日頃からしっかりと健康管理、体調管理を行なってあげてください。

スポンサードリンク