猫が獲物を持ち帰るおみやげ行動の意味は?

外出を自由にさせている家猫の場合、ネズミ、鳥、ヤモリ、虫などの獲物を、口にくわえて外から持ち帰ってくることがしばしばあります。飼い主にとってはかなりショッキングな行動ですので、驚いた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回はこの謎多き「おみやげ」行動について解説いたします。

スポンサードリンク

猫がおみやげを持って帰ってくるのはどんな意味?

真相は未解明ながら、とにかくあなたに「見せたい」

おみやげを持って帰ってくるこの行動はメスに多く見られるようで、実際には存在しない子ネコのために獲物を持ち帰る母性行動の表れともいわれていましたが、厳密には乳飲み子のころに母猫と離れたコや、オスの猫でもおみやげを持って帰ってくることがあるので母性説の信憑性は定かではありません。

母ネコになった気分で飼い主に狩りの方法を教えようとしているとの説もありますが、こちらの説もオス猫には当てはまらないため、やはり信憑性は薄くなります。母性や、母猫としての教育、といった説はあくまで仮説といったところでしょうか。

基本的に食事は飼い主からもらっているわけなので、狩りをする必要はないのですが、やはりもともとのハンターとしての血、野生時代の狩猟本能がそうさせるのでしょう。

巣に持ち帰る行為自体は、ほかの動物に取られないためとか、すぐに食べるわけではないとかそれなりの理由が考えられますが、ご丁寧に飼い主の枕元にこれ見よがしに置いたりすることもあるので、獲物を見せびらかすため、あるいは飼い主の興味を引くためかも知れません。

家猫は、犬と違って人間に飼われていることへの自覚がありません。飼い主は猫にとっては同じ住む場所に都合よくいてくれる同居人程度と捉えているものと言われていますので、ハンティングした獲物を、気まぐれで同居人に見せようとして、たまたま運んでくるだけではないか、という説もあります。

飼い主としては勘弁願いたいところですが、自慢げに獲物を持って帰ってくる猫の親切心(?)は健気で可愛いものには思えます。猫からのコミュニケーションの一環と捉えても良いかも知れません。

ですので、正直あまり気持ちのよいものではないお土産を持って帰ってきたからと言って、猫ちゃんを叱ってはいけません。ネコは何を叱られているかわからず混乱してしまうだけです。ネコに気付かれないように処分するだけにしましょう。家猫は本能的に狩りをしても実際に食べることは少なく、キャットフードがあればそちらに意識が向かうので、獲物がなくなっていても問題はありません。

獲物が生きている場合は、ネコから離れた場所で逃がしてあげましょう。残念ながら絶命してしまった獲物の場合は埋められる場所へ埋めて弔ってあげるのが一番良い対応かと思います。死んでしまった獲物はかわいそうですが、猫の狩猟は自然界の摂理ですので猫ちゃんを「残酷だ」と思わないであげてくださいね。

スポンサードリンク

お土産を持ち帰ってきた時の対応の仕方

獲物を捕まえてきた場合には、飼い主のあなたは無関心でいることをおすすめします。「褒めるてあげるべきだ」と思う方もいるかも知れませんが、病原菌に感染したり、狩りに夢中になって事故に遭うなどの恐れもあるので、猫にとってもハンティングはリスキーな行為なのです。

現在では、病気の感染や事故などを防ぐために猫を室内飼いのみにする飼い主さんが多く、その場合は”狩り”はかなり少なくなります。ゴキブリくらいは獲ってしまうかもしれませんが、ゴキブリすら全く現れないような清潔な住宅環境の場合は、狩猟本能を満たす機会がなく逆に猫にとってもストレスの原因になりかねません。

そのようなご家庭では、猫の狩猟本能を満足させてあげるためには、おもちやで十分に遊ばせてあげましょう。ネコジャラシなどを使って遊んでいる時に、お尻を持ち上げてシッポの先を動かしていたら、狩猟衝動のサインです。飼い主のアイデアで、ネコジャラシを振るだけではなく、這わしたり、こすったりしてたっぷりと遊んであげて下さい。そして上手に捕まえたら、褒めてあげましょう。そうすれば家の中でも獲物を捕ったような気分が味わえ、狩猟本能が満たされるはずです。

まとめ

今回は猫が獲物を持ち帰る不思議なおみやげ行動について解説いたしました。この習性についてのはっきりとした理由は解明されていないものの、とにかくあなたに獲物を見せたくて持って帰ってくるということだけは間違いありません。猫の気持ちは嬉しいですが、衛生面を考えるとハンティングは出来れば止めてもらいたいものですので、おみやげには決して褒めたりせず無視を貫いて下さいね。

スポンサードリンク