猫が食べてはいけないものと与えてはいけない人間の食べ物は何?

飼い主が食事をしていると、多くの猫はすり寄っておねだりをしてきます。ねだられると思わずあげたくなってしまうのが人情ですが、猫のためを思うならそこでぐっと我慢が必要です。人間の食べ物には猫には与えてはいけないものが多く存在するのです。今回は、可愛いからといってうっかり与えてしまうと猫ちゃんの命の危険に関わるかもしれない危険な食べ物について解説いたします。

スポンサードリンク

猫が食べてはいけないもの、与えてはいけない人間の食べ物

人間用に味付けされた食べ物は塩分が多く、腎臓や泌尿器系の病気を引き起こす恐れがあるほか、心臓にも負担をかけます。また、糖分が多く含まれているものは糖尿病や肥満につながる危険性が高いと言えます。体が小さい猫にとって、塩分や糖分、脂肪分などが多すぎるのです。

さらに人間の食べ物の中には、ネコにとって有害なものもあります。代表的なのがタマネギ、長ネギ、ニラなどのネギ属の野菜です。アリルプロピルジスルフィドという成分がネコの血液中の赤血球を破壊し溶血性貧血といった症状を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

生のイカやタコはビタミンB1の欠乏症の原因になりますし、アジやサバなどの青魚も食べすぎると黄色脂肪症という病気になってしまいます。

昔の言い伝えで「猫にアワビを食べさせると耳が落ちる」というものがあるのですが、猫がアワビを食べてから長時間紫外線を浴びると、アワビに含まれているフェオフォーバイドという物質が血液中で変化し、赤血球を破壊して皮膚炎になってしまい、研究報告によると、実際に耳がボロボロになって落ちてしまった猫もいたといいます。

これらはほんの一例で、基本的に人間の食べ物は猫の健康に良くありません。いくら人間が食べて問題がなくても、猫が食べると生死にかかわるようなものも数多くあります。人間の食べ物にはネコの健康を損なう危険性があることを忘れないようにしてください。

もともと猫は肉食であり、栄養学的にもネズミさえ食べていれば生きていける動物。生き物としての構造が人間とは違うわけですから、食べ物も違って当たり前なのです。

一度人間の食べ物の味を覚えてしまうと、ネコは何度でも欲しがるようになります。そこで与えないと「美味しいものを食べさせてくれない」と感じストレスをためることに繋がっていきます。挙げ句の果てに食卓に飛び乗って食べ物を奪ったり、キッチンで盗み食いをするようになるかも知れません。

できることなら、子猫のころから人間の食ベ物は一切与えないのがベストです。ねだられても絶対にあげないようにしてください。しつこく欲しがる場合、人間が食事をしている間はケージや別室に入れておくようにしましよう。

ちなみに猫は毛玉を吐き出したり、肉食だけでは補えない葉酸を摂取するため、草を食べる習性があります。そのせいか、たまに退屈した猫が室内にある観葉植物を食べたりしますが、それが有害な可能性もあるので、十分に気をつけましょう。

スポンサードリンク

猫が口にすると危険な食べ物

危険度が大きいもの

ネギ類

ネギやタマネギには猫の赤血球を破壊する成分が含まれているため貧血を起こします。血尿が出たり、元気喪失、嘔吐、下痢などの症状が現れます。加熱してもダメです。

ユリ科の植物

スズラン、ヒヤシンス、チューリップといったユリ科の植物(ネギやタマネギもユリ科)は、猫が少量口にしただけで死に至ることも。室内に置くのは厳禁。

アジサイ

下痢、嘔吐などのほか、痙攣や麻痺を起こすこともあります。

チョコレート(カカオ類)

チョコレートやココアなどの原料であるカカオに含まれる成分が 中枢神経を刺激する毒素になります。不整脈、過剰な行動、発作が出ることもあります。カカオの含有量が高いものほど中毒症状も強くなります。テオブロミンという成分が心臓や神経系に負担をかけ、死に至ることもあります。

危険度が中くらいのもの

アワビ・サザエなどの貝類

「猫がアワビを食べると耳が落ちる」という言葉があります。大げさな表現ですが、アワビやサザエの内臓を食べると、消化不良で嘔吐したり、下痢を起こしたりします。食べたあとに日光を浴びると皮膚炎の原因にもなります。体内で毒素が発生して皮膚病になったり、ひどい場合は皮膚が薄い耳の部分が壊死してしまうこともあります。とりわけ3~5月は貝の毒素が強まる時期なので要注意です。欲しがっても絶対に食べさせないようにしましょう。

するめ

胃の中で膨張するため胃腸障害を起こす可能性があります。

ニンニク

ネギ類と同じ成分が含まれていますが、症状は貧血程度です。

硬い骨

鶏の骨は噛み砕くと鋭利になり、喉や食道、胃の壁を傷つけることがあります。鯛などの大きな魚の骨も硬くて鋭いため同様に注意してください。

トマト

葉や茎に含まれるナルコチンが皮膚のかぶれを起こします。

危険度が小さいもの

イカ・タコ

生のイカやタコにはビタミンBを阻害する成分が含まれているため、食べると消化不良になり、嘔吐、下痢を起こしやすくなります。特にイカは一時的にふらつくなどの神経障害を起こします。

牛乳・生卵

牛乳は乳糖を消化できず下痢に。生卵にはビタミンBを壊す成分が含まれます。

豚肉

生の豚肉には寄生虫のトキソプラズマが潜伏しています。与える場合は必ず火 を通してください。

レバー

大量に与えると、骨の変形を招くビタミンA過剰症になるおそれがあります。

青魚

イワシやアジなどの青魚は大量に与えると栄養のバランスが崩れ黄色脂肪症にかかってしまいます。

ツナ缶(人間用)

脂分が多すぎるほか、猫に必要なビタミン・ミネラルも不足します。当然ですが猫用のツナ缶は問題ありません。

アボカド

アボカドに含まれているペルジンという成分が毒です。大量に食べてしまった場合、下痢や嘔吐、胃腸の炎症などを起こす恐れがあります。

人間の食べ物全般

ベーコン、ハム、かまぼこ、ソーセージなどの加工食品やスナック菓子は塩分が強いので控えましょう。猫はほとんど汗をかかないのでそれほど塩分を必要としないのです。過剰に摂取するとのちのち心臓や腎臓にダメージを与えます。昔ながらのネコマンマ(味噌汁かけご飯)もいけません。私たちが食べる食料品全般が糖分や塩分が多いため、病気の原因になりやすいので、基本的に人間の食べもののほとんどは味付けが濃すぎるので与えないようにしましょう。

まとめ

今回は猫に食べさせてはいけない危険な食べ物について紹介いたしました。基本的には人間の食べ物は全てNGだと捉えて、キャットフード中心の食生活にする必要があるでしょう。一度味を覚えてしまったらそれ以降は際限なくねだってきてしまいますので「今日だけだよ」もしてはいけません。食材ではないですが、ユリ科の植物やアジサイなども健康被害の危険度が高いため、室内には置かないようにしましょう。

スポンサードリンク