膀胱炎

膀胱炎とはどのような症状の病気なのか?

膀胱炎とは膀胱に炎症が起こる病気で、多くはの場合が細菌感染によるものです。尿道が短く、尿道括約筋が弱いなどの理由から、男性よりも女性に多く見られる傾向があります。

男性の場合には膀胱炎だけになるということは起こりにくく、前立腺炎症候群や前立腺肥大症、膀胱結石などの別の病気が併発していることが多くあります。

急性膀胱炎と慢性膀胱炎があり、急性膀胱炎の場合には排尿時の痛み、残尿感、頻尿や、尿の濁りなどの症状がみられます。また、血尿がみられる場合もあります。

慢性膀胱炎の場合には、腹部の不快感がある程度で、はっきりとした症状がみられないことも多くあります。

【膀胱炎の主な症状】

  • 排尿痛:排尿時の痛み
  • 頻尿:尿の回数が通常より多い状態
  • 尿混濁:尿が濁ること
  • 血尿:尿に血液が混入した状態
  • 残尿感:排尿が済んだのにまだ残っているような感じのこと。すっきりせず、不快感を伴う
  • 無症状

スポンサードリンク

膀胱炎とはどのような原因で発症するのか?

膀胱炎は、膀胱に細菌が感染して炎症が起きるものです。10歳代から40歳代の女性に多く発症しますが、これは女性は尿道が短いうえに、性行為時に尿道へ細菌が入りやすいためです。男性の場合は前立腺炎が原因となることが多いと考えられています。

細菌が入って膀胱炎を起こすのは感染を誘発する要素があります。それが過労や風邪症候群、生理、妊娠などで抵抗力が落ちている場合です。また、排尿をが我慢しすぎても起こることがあります。

急性膀胱炎の場合は、大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染が原因になっているものが大半です。

多少の細菌が膀胱に侵入しても、排尿にともなって自浄作用が働くため、膀胱炎を起こすことはありませんが、排尿の我慢や、ストレスや冷え、性交などによって細菌が増殖すると膀胱炎を発症します。

細菌以外の原因としては抗アレルギー薬の使用や、こどもの場合にはかぜ症候群の原因にもなるアデノウイルスの感染によっても急性膀胱炎になります。

慢性膀胱炎は、尿路の病気が引き金になることが多くあります。また、結核菌が腎臓に感染して膀胱炎になるケースや、何らかの病気で放射線治療を受けたことによって、放射線を原因とする膀胱炎になることもあります。

【膀胱炎の主な原因】

  • 細菌感染:ほとんどが大腸菌によります

膀胱炎の治療法は?

膀胱炎を発症した時の受診科は泌尿器科になります。

細菌感染が原因の急性膀胱炎の場合、軽症なら水分を摂って尿量を増やすことで自然に治る場合もあります。症状が重いときには、抗菌薬を服用します。症状が改善しない場合や頻繁に繰り返す場合は、他に何か原因となる病気がないか調べる必要があります。

慢性膀胱炎の場合には、誘発原因となっている病気の治療や、原因菌に対抗する抗菌薬の服用などが基本となります。原因となる細菌に有効な抗生物質などの薬物療法をすると、通常は2~3週間で治癒します。

再発しやすい病気なので、再発予防のためにも、十分な水分補給を心がけ、尿量を増やすようにします。排尿は決して我慢しないようにしましょう。

また、外陰部を清潔にし、身体(特に下腹部)を冷やさないように気をつけます。

通常は、膀胱に細菌が入っても、排尿によって菌が流され、膀胱炎になることはありません。抵抗力、免疫力の低下につながる、睡眠不足や過労、ストレスなどにも注意が必要です。睡眠不足や過労を避け、ストレスの少ない生活を心がけましょう

子供に見られるアデノウイルスを原因とする膀胱炎は、治療しなくても10日程度で自然治癒します。

抗アレルギー薬が原因となっている膀胱炎の場合は、薬の服用を止めることによって症状も消えます。

スポンサードリンク