BMIとは何の数値?求め方や基準値を知って健康管理に役立てよう

BMIとは?

BMIは”Body Mass Index”の頭文字をとったもので、身長と体重の数値から割り出す「肥満度」の目安の数値です。ご自身の健康管理や肥満度のチェックなどに気軽に用いることができますので是非活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

BMI値の求め方

BMI指数を求める計算式は

・BMI= 体重(kg) ÷ {身長(m)×身長(m)}

で表されます。例えば体重が55kgで身長が160cmの方の場合なら

55÷(1.6×1.6)
=55÷2.56
=21.484375

と求めることができます。

スポンサードリンク

BMI値の基準とは?

BMIの指数は身長と体重で計算する肥満度のことで、健康診断の場合ですと数値が基準値以内なら「肥満ではない」と診断されます。男女の違いや年齢の違いもありますが、概ね18.5以上25未満の範囲内が正常値とされています。また、健康面を考えた場合にBMI指数は正常値の中でも「22」が理想的な数値と言われ、この時に病気の発症率が低く、もっとも健康的には良いと言われています。

BMIの基準值

数値 診断
18.5未満 低体重(痩せ)
18.5以上25未満 普通体重
25以上30未満 肥満(肥満度I)
30以上35未満 肥満(肥満度II)
35以上40未満 高度肥満(肥満度III)
40以上 高度肥満(肥満度IV)

BMIは肥満度の目安になりますので、数値によって様々な疾患の予防や対策に役立てることができます。

基準値より低いときに考えられる病気

18.5未満は「痩せ」と診断できます。

  • 低栄養
  • 神経性食欲不振症(摂食障害)
  • 甲状腺機能冗進症
  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • 無理なダイエット

などに注意しましょう。

症状としては、

  • 低体重
  • 食欲不振
  • 食べているのに痩せる(体重が増えない)
  • 発汗
  • 頻脈
  • 疲労感

などが挙げられます。心当たりがある方は生活習慣を見直すようにしましょう。

基準値より高いときに考えられる病気

BMIが25以上は肥満と診断できます。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症
  • クッシング症候群や甲状腺機能低下症などの内分泌疾患
  • 食べすぎや運動不足

などが考えられます。

症状としては、

  • 異常な食欲
  • 疲労感
  • 息切れ
  • ひざなどの痛み
  • 高血圧
  • 脂質異常
  • 糖尿病

などが挙げられます。

生活習慣が変わらないのに短期間でBMIが急に変化した場合は、何らかの病気が隠れている可能性を疑ってみるべきでしょう。肥満は高血圧や動脈硬化、糖尿病などの原因にもなりますので、該当する病気が発症していないかを調べるとともに、肥満解消のため生活習慣の改善が必要です。もちろん、逆に痩せすぎの場合も健康に与える影響がありますので注意しましょう。

スポンサードリンク