小児科の選び方 信頼できるかかりつけ医の見つけ方

お子さんが体調を崩したり、何か病気にかかった時には、安心して相談できる身近な小児科のかかりつけ医の存在は心強いものです。大病院もメリットはありますが、親しく付き合えるホームドクターも見つけておきたいというのが親御さんの本音ではないでしょうか?今回は小児科の選び方や受診時のポイントについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

小児科の選び方

自宅近くに信頼できるホームドクターを

最近は、かつてのような気心の知れた行きつけの町医者を持つ家庭は減り、設備の整った大病院指向が強くなりました。都市部でも地方でも同様の傾向にあると言えるでしょう。

しかし、自宅近くに安心して診てもらえる小児科医がいれば、それに越したことはありません。大病院は設備や検査などでは優れたところも多くありますが、待ち時間は長く、また、いつも同じ先生にみてもらえるわけではありませんから、総合的な判断が下されにくいということもあります。

その点、ホームドクターとなると、つき合いが続けば、いちいち説明するというわずらわしさがありません。

医師を選ぶ場合は、子どもを持つ近所の人に話を聞いてから、実際に出かけて赤ちゃんを診てもらいましょう。その上で信頼できれば、ホームドクターになってもらえばいいのです。評判はよくても、どうも好きになれないというタイプだと感じたら、もっと探してみましょう。

赤ちゃんの病気や症状、薬についてもきちんと説明してくれる、その病院では無理だとわかると大病院を紹介してくれる、などが良いホームドクター選びのポイントです。

受診の前に要点をまとめておく

赤ちゃんが病気ということで、お母さんはついつい冷静さを失いがちです。診察室では、泣き出した赤ちゃんをあやすのに手いっぱいで、医師への説明もしどろもどろになってしまうことも珍しくありません。

いつ、どんな症状が出て、どのように続いているかなど、要領よく説明できるよう、出かける前にでもメモしておくか、頭の中でまとめておきましょう。赤ちゃんは脱ぎ着しやすい服装にして、待ち時間にあやすおもちゃなども用意しておくとよいでしょう。

医師に伝えること

・いつ(何日の何時ごろ)から
・どんな症状が(何度の発熱、喉吐など)
・どのように進行して(もしくは、おさまって)いるか
・それまでの赤ちゃんの様子など

診察後、医師にたずねておきたいこと

・病名は何か?
・処方された薬はどんな種類のものか?どんな効力があるのか?
・家庭でのケアの注意点(外出、入浴についても)
・次回の診察はいつか? など

夜間や休日に病気になったら

夜中に突然ひどい症状が出たという場合は仕方ありませんが、夕方から具合が悪くなって、医者に行こうか行くまいか迷っているうちに夜中になった、などというのはあまり感心しません。

夜になると悪化することが多いので、できるだけ早い時間に診察してもらったほうが安心ですし、深夜の診察は歓迎されないということを頭に入れておきましょう。朝までの数時間が待てないというほど緊急の症状かどうか、冷静に判断することが大切です。

いずれにしても、いざというときに備えて、救急病院の場所や道筋などはチェックしておきましよう。

スポンサードリンク

かかりつけ医制度とは?

2016年4月の診療報酬改定において「小児かかりつけ診療料」がスタートしました。医療費の無駄を省くことが大きな狙いの制度ですが、ぜひ活用したい制度です。

とある医療機関が、この制度によって、あなたのお子さんのかかりつけ医に指定された場合は医師には制度に夜医療費の算定が適用される条件として

  • 急性疾患を発症したときの対応の仕方の指導
  • アトピー性皮膚炎やぜんそくなど乳幼児期の慢性疾患に対して必要な指導や診察
  • 乳幼児健診の結果を把握し、発達段階に応じた助言と、保護者からの健康相談
  • 予防接種歴を把握し、予防接種の有効性や安全性、スケジュールなどについての助言
  • 患者が受診している医療機関をすべて把握し、必要に応じた連携や専門医療機関への紹介

といった条件が義務付けられます。受診するご家庭の側から見れば、かかりつけ医を指定し登録されると、より手厚く診療が受けられるということです。

もちろん、登録したことによる費用負担の増加などもありませんし、何かの都合でかかりつけ医以外の医療機関で診療を受けても問題ありません。

信頼できる小児科をご存知の場合は、かかりつけ医として登録してみてはいかがでしょうか?ただし、制度の導入は医療機関の人によるので、採用していない小児科やクリニックでは登録自体ができませんので事前に必ずご確認ください。

まとめ

今回は小児科の選び方や受診の際の注意点、かかりつけ医制度などについて紹介いたしました。お子さんも親御さんも安心して毎日の生活が送れるように、いざという時のために信頼できる医療機関とのネットワークを是非作っておきましょう。

スポンサードリンク