赤ちゃんの嘔吐の様々な症状とその原因や対応の仕方

赤ちゃんの胃の形は、大人の胃のようにJの字型に曲がってはおらず、垂直にまっすぐ出来ています。しかも、胃の入り口がしっかり締まっていないため、胃の中のものが戻りやすく、飲み過ぎや食べ過ぎ、げっぷや咳など、ちょっとしたことで吐いてしまうことがあります。そんな心配のない嘔吐だけなら良いのですが、全く別の性質の、深刻な健康被害に関わる嘔吐も実はたくさんあるのです。今回は赤ちゃんの様々な嘔吐の症状や対応の仕方について解説いたします。

スポンサードリンク

赤ちゃんの嘔吐の症状と原因と対応の仕方

ときどき吐く場合の対処法

授乳のあとダラダラ戻す場合

  • 胃の入り口の閉まりが悪い

ことが疑われますが、特に心配はいりません。

げっぷのとき、ゴホッと吐き出すが、顔色や機嫌や食欲に変化はなく、体重も順調に増えている場合

  • 胃の入り口の閉まりが悪い

ことが疑われますが、特に心配はいりません。

時々食べたものを吐くが、あとはけろっとしていて体重も順調に増えていて元気な場合

特に心配いりません。

時々食べたものを吐き、熱が出て、咳やくしゃみなども見られる場合

  • 風邪のひきはじめ
  • 扁桃炎

などが疑われます。小児科を受診しましょう。

下痢をともない、呼びかけても反応が鈍い場合

  • 急性胃腸炎
  • 脱水症

などが疑われます。大至急病院へ行きましょう。

激しく吐く場合の対処法

授乳中または授乳後、勢いよく吐いたり、鼻からも噴水のように噴き出す場合

  • 先天性肥厚性幽門狭窄症

が疑われます。早めに病院へ行きましょう。

何回も飲んでは吐きをくり返し、激しく泣き、高熱をともない、意識がもうろうとしている場合

  • 髄膜炎
  • 脳炎

などが疑われます。大至急病院へ行きましょう。

何回も飲んでは吐きをくり返し、激しく泣き、下痢をともない、血便もまじる場合

  • 腸重積症

が疑われます。大至急病院へ行きましょう。

転んだりして頭を打ったあとに吐いたり、数日してから急に吐く場合

  • 脳しんとう
  • 頭蓋内出血

などが疑われます。大至急病院へ行きましょう。

吐いたものに、血や黄緑色の胆汁がまじる場合

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍

などが疑われます。大至急病院へ行きましょう。

スポンサードリンク

心配な嘔吐の症状

次のような症状の場合は、大至急、病院へ連れて行き、医師の診察を受ける必要があります。

  • 吐いたものに血や黄緑色の胆汁(たんじゅう)が混じっていた。
  • 生後2〜3週間めから、授乳中、または授乳後に勢いよく吐く。口からだけでなく、鼻からも噴水のように吐き出す。
  • 顔色が悪く、飲んでも吐く状態をくり返して、激しく泣く。
  • 下痢をともない、血便も混じっている。
  • 風邪をひいたための嘔吐と思っていたら、急にぐったりしてきた。
  • 頭を強く打ったあとに嘔吐した。

特に、下痢と嘔吐が重なった場合には、脱水症を起こすことがあります。たびたび様子を見て、いつもと違ってぐったりしているような時は、夜中でも医師に連絡するようにしましよう。嘔吐をともなう病気の場合は、急性胃腸炎や風邪など、ウイルスが原因の胃腸の病気であることが多いようです。

注意したい赤ちゃんの症状

顔色や機嫌などの他に、赤ちゃんの次の点を観察してみましょう。

  • 下痢や発熱をしていないかどうか。
  • 首を振ってイヤイヤをするようなそぶりかないかどうか。ある場合は中耳炎などの可能性があります。
  • 吐いた内容はどんなものか(食べたものか、黄色い胃液か、コーヒーのかすのようなものか、緑色をしていないか)。受診の際に、吐いたものの中身や色をメモして医師に見せると良いでしょう。
  • ダラダラ吐いたか、噴水のように勢いよく吐いたか。
  • 最近順調に体重が増えてきているかどうか。

心配のない嘔吐の症状

次のような場合はまず心配はいりませんので、慌てず、しばらく様子を観察するようにして下さい。

  • 授乳後にタラタラと吐いたり、げっぷのときに戻す。
  • 明らかに風邪の症状で、吐いた時でも、水分補給が十分に出来ている。
  • 顔色や機嫌、食欲などに変化がない。

ホームケア 家庭での看病の仕方

赤ちゃんの好きなものを飲ませる

脱水症にならないよう、水分はたっぷり与えます。一度にたくさんあげると、かえってまた吐き気をもよおしてしまうことがあるので、頻繁に少しずつ飲ませるようにします。赤ちゃんの好きなものなら、スープでもりんご果汁でも何でもかまいませんが(ただし、みかんなどの柑橘系はNG)、吐き気が治ったすぐあとには、まず湯冷ましを飲ませてみましょう。特に下痢もしている時は、脱水症を起こさないために水分の補給は極めて重要です。赤ちゃんが嫌がらなければ、出来るだけこまめに飲ませるようにして下さい。

顔、からだ、衣類、寝具も清潔に

口の中やまわり、あご、耳の中なども注意して見るようにします。耳の中に吐いたものが流れ込んでいることもあります。口の中も吐いたものが残っていないか確かめ、もし、残っていれば、ガーゼなどで取り除きましょう。吐いたもののにおいがすると、新たに吐き気がしてしまうものです。また、少しでも汚れた寝具や衣類などは取り替え、清潔にしましょう。

吐き気が続くときは、やさしく抱っこ

大人でも吐き気が続くと苦しく、身体を横にしているより、上体を起こしているほうが楽ですから、やさしく抱っこしてあげるか、吐いたものが気管に入らないよう、頭の方を少し高くして、顔は横に向けて寝かせるようにします。抱っこの時は赤ちゃんが吐いた場合も考えて、お母さん(または抱っこする人)は肩から胸にタオルを当てておくと、汚れ対策になります。

食事は消化のよいものを

吐き気が治まった後でも、食欲があまりないのが普通ですから、離乳食を嫌がるようなら母乳やミルクだけでも構いません。ほんの少量を飲ませて、20~30分ほど様子を見て、吐かなければまた飲ませるというように、徐々に量を増やしていきましょう。

また、離乳食の赤ちゃんの場合は、食欲は落ちていなくても、薄めたスープやみそ汁のような、胃に負担のかからないもの、おかゆなどいつもよりやわらかめで消化の良いものを食べさせるようにしましょう。

げっぷのさせ方

授乳のあとダラダラと戻したり、げっぷの時にゴホッと吐き出してしまうのはよくあることです。赤ちゃんはミルクを飲む時に空気も一緒に飲み込むからです。授乳が済んだらそっと縦に抱き、担ぐような格好で背中をさすって必ずげっぷを出してあげる習慣をつけましょう。

まとめ

今回は赤ちゃんが嘔吐する時の症状別の原因や対応の仕方について解説いたしました。胃の仕組み上、赤ちゃんは嘔吐をしやすいものではありますが、時にはすぐに病院に連れて行かなくてはならないレベルの、重篤な疾患と関連した嘔吐である場合もありますので、正しく見極めて対応するようにしましょう。判断がしにくい場合は迷わず医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク