赤ちゃんが下痢の時の症状別対処法と離乳食中の場合の対応

下痢の症状は多様で、心配のないレベルから、即刻病院へ連れて行く必要があるケースまで様々です。万が一、赤ちゃんが下痢の時は対応の目安として参照ください。

スポンサードリンク

赤ちゃんの下痢の症状別の対処法

便がゆるい場合の対処法

機嫌がよく食欲もあり、体重が順調に増えている場合

特に心配はいりません。

機嫌がよく食欲もあるが、体重がなかなか増えない場合

  • アレルギー性下痢
  • 体質的なもの

が疑われます。小児科を受診しましょう。

便が黄色っぽい色で甘酸っぱい匂いがする場合

特に心配はいりません。

離乳食を始めたときや、離乳食の回数を増やしたときにゆるい便が出る場合

特に心配はいりません。

鼻水や咳、微熱など風邪の症状があるが、機嫌がよく、水も受けつける場合

  • 風邪の初期

と考えられます。小児科を受診しましょう。

授乳後にゆるくなり、たまに吐くこともある場合

  • 乳糖不耐症

の疑いがあります。小児科を受診しましょう。

便の回数が増え水っぽい便が出る場合

ひどくはないが、体重が順調に増えない場合

  • アレルギーなど体質的なもの
  • 食事性下痢

の疑いがあります。心配ありませんが念のため医師に相談すると良いでしょう。

だらだらと下痢と便秘を繰り返す場合

  • 乳糖不耐症

の疑いがあります。小児科を受診しましょう。

水様便(水のような便)が激しく出る場合

熱がありケチャップのような血便と嘔吐でぐったりしている場合

  • 食中毒
  • 細菌性胃腸炎

が疑われます。大至急病院へ連れて行く必要があります。

熱があり生臭い粘液や少量の血が混じった下痢便が出て腹痛もともなう場合

  • 細菌性胃腸炎
  • 出血性大腸炎

の疑いがあります。早めに病院へ連れて行きましょう。

熱があり軽い風邪のような症状のあと白っぽい便が出て嘔吐もある場合

  • 白色便性下痢症

の疑いがあります。早めに病院へ連れて行きましょう。

熱はないが突然腹痛が起こり顔色が悪く黒い便が出て嘔吐もある場合

  • 腸重積症

の疑いがあります。大至急病院へ連れて行く必要があります。

1日10回以上の水様便、意識朦朧、唇が乾き目が落ちくぼみ顔色は青白い場合

  • 脱水症

の疑いがあります。大至急病院へ連れて行く必要があります。

普段のうんちの回数や硬さを把握することが基本

赤ちゃんのうんちは、少しゆるくて回数も多いのが普通です。さらに、赤ちゃんの体質によって、うんちの回数や硬さなどもかなり違っているものなので、1日何回で、このくらいの硬さが正常というような基準もありません。その赤ちゃんの普段のうんちの状態や回数を把握しておくことが大変重要です。

いつものうんちの状態と比べて、急に回数が増えたり、おしりが赤くなるほどに水っぽくなっているようなら下痢と考えられます。

下痢の多くは消化不良が原因です。そのほかにウイルスや細菌の感染による急性胃腸炎の場合もあります。2歳くらいまでの赤ちゃんに多い白色便性下期症もウイルスが原因です。

ときには、ミルクや牛乳の中の乳糖を消化できない乳糖不耐症やミルクアレルギーなど、体質的に下痢をしやすい赤ちゃんもいます。

よく下痢をするけれども、きげんもよく、食欲もあって、順調に体重も増えているようなら、それは病気ではなく消化不良と考えられますので過度の心配は不要です。ミルクの濃度を薄くして飲ませると改善する場合があります。

スポンサードリンク

心配のない下痢

次のような場合は、まず心配ありません。

  • 下痢をしていても、あやすと笑う。
  • 便が黄色がかったり、甘酸っばい発酵臭がある。
  • 風邪をひいて、鼻水や咳などとともにゆるくなったりする。急に悪化したりしない限りは様子を見ましょう。
  • 離乳食を始めたり離乳食の回数を増やしたりして、うんちがいつもと違う。母乳栄養の赤ちゃんの場合は、2か月頃まではゆるくて回数の多いことがありますが心配はいりません。

念のため様子を見て病院へ

  • 風邪にともなって、下痢がひどくなった。
  • 湿疹ができやすく、よく下痢をするような時は体質からくるアレルギー性下痢が考えられます。心配はありませんが、あまり頻繁なら念のため医師に相談してみましょう。

心配な下痢の症状

次のような場合は、医師の診察を受けましょう。

大至急、病院へ

  • 水っぽい便が1日に10回以上も出て、ぐったりしている。くちびるがかわき、目が落ちくほんで脱水症が疑われる。
  • 下痢のほかに、熱が高い、吐くなどの症状もともない、きげんが悪く、水分を与えても受けつけない。
  • かなりの血便が出た。ひどい悪臭や膿、粘液などがまじった便が出た。このような場合は、その便がついたおむつを持って病院に行くようにしましょう。

翌日、診察時間内に病院へ

  • 便の回数が増え、水のような便になってきた。
  • 少量の血便のとき。
  • 発熱、嘔吐をともなっているが、きげんはよく、水分もとれている。
  • ひどくはないが、よく下痢をして体重が順調に増えないような場合は、ほかの病気の可能性や食事に問題があるかもしれません。

注意したい赤ちゃんの様子

  • 機嫌はいいか、あやすと笑うかなど。
  • 水分を与えて受け付けるかどうか。受け付けない場合、唇が乾いてぐったりするなどの脱水症を起こしていないか。
  • 発熱、嘔吐など他の症状はないか。
  • お腹がぺちゃんこか、あるいは膨らんでいるか。

脱水症の見分けかた

からだの水分が急激に失われる下痢は、ひどくなるとひきつけたり、まれにショック症状が出て皆睡状態に陥ることもあります。脱水症をおこさないように注意することが肝心ですが、もし脱水症に気づいたら、下痢がとまっても、大至急病院に連れて行って点滴を受けるなどします。脱水症は、命にかかわるようなこともありますから、機敏な対応を心がけましよう。

脱水症のチェックポイント

  • 元気がなく、ぐったりしている。
  • 泣いても涙が出ない。
  • 顔色が悪く、おしっこが出ない。
  • 目が落ちくほんだようになっている。
  • ロやくちびるがカラカラにかわいている。
  • おなかにはりがなく、ペちゃんこになっている。
  • 肌がカサカサで、腹部にはりがない。

ホームケア家庭での看病の仕方

水分の補給は欠かさずに

水っぽい便が出るからといって水分を与えるともっと悪くなるのではと考えるお母さんがいますが、下痢の時に必要なのはなんといっても水分です。

赤ちゃんの場合、大人よりも急激に水分が失われますから、脱水症状を起こさないためにも、まず水分の補給を欠かさないようにします。

授乳中の赤ちゃんの場合は、時間や回数にこだわらず、飲めるときにできるだけたっぷり飲ませます。りんご果汁、麦茶、スープや湯冷しなど、赤ちゃんの好んで飲むものを頻繁に与えるようにしましょう。

下痢のときの食べもの

与えたい飲食物

りんご果汁、麦茶、スープ、アルカリ性飲料、やわらかい離乳食など。

控えたい飲食物

相橋系の果物・ジュース、チーズ、バター、お菓子など。オレンジやみかんなど、柑橘系のものは下痢をひどくしますので、絶対に与えてはいけません。

下痢の時のおしりケア

下痢が続いたりすると、柔らかな赤ちゃんのお尻はあっという間にただれたり、オムツかぶれができてしまいます。おむつかぶれを防ぐためにはこまめにおむつを取り換えることが重要です。

  • オムツ替えのたびに、固く絞ったガーゼやタオルなどでそっと優しくうんちを拭き取るようにします。
  • 下痢のウンチは拭いただけではきれいになりにくいので、ときにはおしりだけにさっとシャワーを浴びせたり、座浴をさせたりします。石鹸は使わず丁寧に洗います。
  • お尻はよく乾かしてからベビーオイルをつけ、しっかり乾燥したオムツをあててあげましょう。

赤ちゃんが下痢の時に離乳食中だった場合の対処法

離乳食の赤ちゃんの場合、消化しにくい油ものやタンパク質、糖分が多いもの、冷たいものなどは避けて、消化の良いデンプン質のおかゆなどを与えます。できるだけドロドロにやわらかく作りましょう。

離乳食を進めている最中でも、焦らず完全に治まるまでは離乳食のスタートに戻ったつもりでやわらかく調理するようにしましょう。

下痢が治まったあとでも、すぐにもとの食事に戻さず、何日かかけて以前の離乳食の段階まで切り替えていくようにします。

嘔吐などの症状を伴う場合は、食べたがらないこともあります。無理矢理食べさせたりせず、ほしがる時に食べさせてあげましょう。

まとめ

今回は赤ちゃんの下痢の症状への対処方法をご紹介いたしました。心配ないケースから深刻なケースまで症状は様々ですので、冷静な判断のもとで対応をするようにしたいものです。見極めが難しい場合は、早めにかかりつけ医などに相談し指示を仰ぎましょう。

スポンサードリンク