認知症
アルツハイマー病によって引き起こされる認知症をアルツハイマー型認知症と呼びます。一般的にはアルツハイマー病とアルツハイマー型認知症の名称は同じ意味で扱われています。認知症は、脳や身体の疾患によって記憶力、判断力などが低下し、社会的な生活が行えなくなる病気で、高齢化社会の日本において非常に重大な課題となっている疾患です。今回はアルツハイマー型認知症について解説いたします。

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症とはどのような症状の病気なのか?

アルツハイマー型認知症の多くは65歳以降に発症します。最初は物忘れから始まって記憶障害が生じ、100を逆に数えられないなど、計算力がなくなり、判断力、注意力が低下し、日常生活を支える日付や時間、場所、人物の見当識も低下してきます。さらに、失語、失認、失行などの症状も見られるようになります。ときに、興奮、妄想、徘徊などの問題行動も見られますが、人格が極端に崩れるようなことは少なく、対人関係も一見普通なこともあり、人間関係は比較的良好に保たれることもあります。

アルツハイマー型認知症は大脳の変性疾患であり、大脳が萎縮する病気です。大脳皮質の神経細胞が脱落し、神経伝達物質の異常が起こり、神経原線維がかたまりになったり(神経原線維変化)、大脳に斑点状の変化(老人斑)が生じたりします。

【症状】

  • 記憶障害(最近のことを忘れ、昔のことはよく覚えているのが特徴)
  • 判断力や注意力の低下(論理的思考ができなくなる)
  • 妄想:非合理かつ訂正不能な思いこみ
  • 不安、抑うつ状態
  • 尿、便失禁
  • 徘徊:歩き回る
  • 失語:話すための器官や聴覚に障害はないのに話せない状態
  • 步行困難

・早期発症:65歲以前(若年性認知症)
・晩期発症:65歳以上
・末期までの経過は6〜15年ぐらいといわれ、平均で10年ぐらいです

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症はどのような原因で発症するのか?

アルツハイマー型認知症は、老人斑に沈着しているアミロイドの主成分であるβ-たんぱくの代謝異常が大脳の変性を進めるのが原因ではないか、という説があります。その他多くの仮説がありますが、まだはっきりした原因は解明されていません。

診断は長谷川式簡易知能評価スケール、ミニメンタルステート検査などを用い、さらに、頭部CTやMRI検査で大脳(特に前頭葉の海馬)の萎縮をチェックし、その他、脳波検査、脳血流検査、PETによる脳酸素・グルコース代謝検査などを行なって確定します。

【原因】

  • 大脳の萎縮、変性疾患

アルツハイマー型認知症はどのような治療を行うのか?

アルツハイマー型認知症の治療の中心は薬物療法です。神経伝達物質である脳内のアセチルコリンの減少には、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬(ドネペジルやガランタミン)、メマンチン(NMDA受容体阻害薬)などが用いられます。早いうちに診断して薬物を使用すれば、それだけ認知症の進行を遅くすることができるとされています。そのほか、無気力・無関心には抗うつ薬、興奮・幻覚・妄想などには抗精神病薬が処方されます。

各期によって、対応の仕方は変わるので、症状の変化に注意し、現在どの期にあるのか、今後どう変化するのかを理解しておきます。専門医との連携は欠かせません。

本人が出来なくなってしまったことだけに着目するのではなく、出来ること、出来ていることを大切にする姿勢が重要です。

家族への支援、地域での見守りへの配慮も必要です。主治医、地域包括支援センター、その他の機関との連携、長期的な見守り体制や在宅介護が難しくなる場合にも備えましよう。

まとめ

今回はアルツハイマー型認知症について解説いたしました。現代の医療では完治は望めない病気ですが、早期に診断し、薬による治療を開始すれば進行を遅らせることができるので、日頃から些細な健康状態の変化には十分に気をつけるようにしましょう。今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク