アルコール依存症の症状のセルフチェックと検査や診断方法と治療法

アルコール(エタノール)は麻酔薬の一種であることはよく知られています。飲めば大脳皮質下の辺縁系に作用して感情のコントロールが利かなくなり、大声を出したり、泣き出したり、怒り出したりするのはこの麻酔作用によって感情の抑制がゆるんだ現象です。他の麻酔薬と同様に依存性の高い性質を持ちますので、飲酒が習慣化してしまうとアルコール依存症となるリスクがあるので十分に注意が必要です。

今回はアルコール依存症について解説いたします。

スポンサードリンク

アルコール依存症の症状をセルフチェックをしてみよう

アルコールに含まれる有害物質であるアセトアルデシドの分解が早い人と遅い人がいます。飲酒癖のある人は分解のスピードが比較的早い傾向にあり、これは遺伝的なものだと考えられています。こうした体質を持つ人は連日飲んでも社会生活に支障がないと思い込み、いつの間にかアルコール依存症に陥りがちです。

体質的にアルコールを受け入れやすく、仕事や家族関係でストレスを抱えている人、とくに中高年の男性は依存症に陥りやすいと言われています。日本にはアルコール依存症の人が300万人近く存在すると推定されています。それだけに誰もが陥りやすい疾患ですが、次の危険な症状でみるように心身すべての疾患にわたることを自覚する必要があります。また、女性は習慣的飲酒が短期間でも依存症になることがあると言われています。

アルコール依存症の危険な症状

アルコール依存症は精神的・身体的にさまざまな症状を引き起こします。その中で最も危険な疾患は「肝臓障害」と言われています。

慢性的な飲酒は「アルコール性脂肪肝」や「肝硬変」などを誘発する確率が高くなります。また、膵臓や食道、胃などあらゆる臓器に悪影響を及ぼし、合併症はさらに危険度を増します。脳細胞の劣化からくる神経系の疾患も生じます。

アルコール依存症のセルフチェック

ストレスを抱えている中高年、習慣的飲酒者で定年過ぎの人はアルコール依存症に陥る可能性が高まるといわれています。酒がやめられない、酒量も増えてきた、そんな方はアルコール依存症の可能性を疑ってみる必要があります。

アルコール依存症が疑われる症状は次のような項目が挙げられます。一つでも該当する場合は専門医に相談するようにしましょう。

  • 飲酒歴が10年以上になる
  • 休日は朝から飲んでしまう
  • 断酒してもまた飲んでしまう
  • 飲まないと眠れない
  • 断酒すると手のふるえが生じる
  • 飲んで家族に当たることがある
  • γ-GTP(下記参照)の数値が上がった

γ-GTPとは?

γ-GTP(ガンマGTP)とはガンマ-グルタミルトランスペプチダーゼの略で,たんぱく質を分解する働きをする酵素の一つで、腎臓、膵臓、肝臓、血液細胞などに含まれます。これらの組織が炎症などで障害されるか、腫瘍などで異常に細胞量が増加すると、γ-GTPの血中濃度は高くなります。肝炎や転移性肝癌、心筋梗塞などの診断に使われるほか,特にアルコールに敏感に反応するため、アルコール性肝障害の検査法として利用され、アルコールによる肝臓障害の指標となります。

γ-GTPの基準値(JSCC勧告法)としては

  • 男性…50IU/l以下
  • 女性…30IU/l以下

とされています。アルコール以外の食事や運動、日内変動はありませんが、個人差が大きく、年齢や性別でも差があります。たとえば女性ホルモンにはγ-GTPの産生や働きを抑える作用があるため、とくに妊娠後期には低値となります。

γ-GTP検査を行なうと、アルコールの影響で高値になるケースが多くみられます。再検査を受ける場合には、禁酒が必要となります。数値が改善されていれば、アルコールによる異常値と判断できます。

その他、胆道に結石や腫瘍ができたりして、胆汁が流れにくくなった状態でもγ-GTPが上昇することがあります。

スポンサードリンク

アルコール依存症の検査と診断

アルコール依存症かどうかは、γ-GTPが100以上を示したら受診し、再検査などについて医師に相談するのが良いでしょう。この数値はアルコール依存症であることを示すものではありませんが、肝障害の日安となります。

アルコール依存症に関しては、国立病院機構久里浜アルコール症センター作成の「アルコール症スクリーニングテスト」が知られています。

  • 飲酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?
  • 他人があなたの飲酒を非難するので気にさわったことがありますか?
  • 自分の飲酒について悪いとか申し訳ないと感じたことがありますか?
  • 神経を落ち着かせたり、二日酔いを治すために、「迎え酒」をしたことがありますか?

この4項目のうち、1項目でも該当すればアルコール問題の可能性があり、2項目以上が該当すればスクリーニング上はアルコール依存症者と定義されます。

アルコール依存症の治療方法や予防方法

アルコール依存症は、個人の性格や嗜好の問題と捉えられることがありますが、完全な病気であることを自覚・認識しましょう。依存症の治療方法や予防方法は断酒のみと言われています。一時的な禁酒や減量ではすぐに元の状態に戻ってしまいますので、ほぼ効力はありません。

一方で依存症は「家族病」と呼ばれることもあります。本人はもとより、家族全体がこの病気に対して理解して取り組む必要があるのです。その第一歩は病気に対する自覚と専門医への受診です。その際、もっとも困るのは「自分は依存症なんかじゃない」と病気を受け入れない気持ちです。プライドが高い人ほどそうした気持ちを抱く傾向が顕著で「自分は他の人とは違う」と反発しがちなのです。アルコール依存症はあらゆる疾患に直結する病気であることに気づいて、謙虚な気持ちで取り組むことが大変重要です。簡単なことではありませんが、アルコールを断つことに成功すれば、健康な体や健全な家庭生活が回復されるのです。

まとめ

今回はアルコール依存症について解説いたしました。ストレス社会に生きる現代人にとっては、アルコールによるストレスの解消は効果的ですが、日本は度を越した飲酒者に寛容な国だと言われています。社会的な背景が依存症予備群を増やしているのも事実です。飲酒に寛容な国でありながら、いざ依存症になった時には、社会はあなたを冷たく突き放します。信用は失われ、まともな社会生活を送るのが困難になっていくのにそう時間はかかりません。アルコールとの付き合いは結局は個人の自覚にかかっています。

スポンサードリンク