AEDとは何をするための装置なの?設置場所や使い方は?

街の中でAEDの装置が設置されている様子をよく目にしますが、あの装置が一体何のための装置なのか、また、どのように使用するものなのかご存知でしょうか?今回はよく見る割には知らないことが多い「AED」について解説いたします。

スポンサードリンク

AEDとは何をするための装置なの?

AED(Automated External Defibrillatorの略)とは「自動体外式除細動器」のことで、心室細動(心室に起こる高速の不整脈)を起こした人に電気ショックを与えて正常なリズムに戻すための医療機器です。近年では多くの施設で設置が進み、目にすることが多くなりました。

街の中で人が倒れている場面に遭遇した場合、119番に連絡し救急隊を呼ぶことは最優先に行ないますが、救急隊が到着するまでの数分間は現場にいるあなたが患者の救命に務めることが望まれます。

心室細動は、発症後どれだけ早く除細動を行えるかが救命確率に大きく関わるため、一般の人もAEDの使い方を事前に知っておくことで、かけがいのない命を救うことに大きく貢献できるのです。

患者が自発的に呼吸をしていないことが確認できた場合、救急救命措置の技術としては心臓マッサージと人工呼吸がありますが、実際にこれらを習得している人は、医療従事者でもない限りほとんどいません。

救命技術の教育が普及していない日本の現状を嘆きたいところですが、それはまた別の機会にするとして、心臓マッサージや人工呼吸ほど専門的な技術もなく救命活動を実践できるのがAEDです。後半でご紹介する使い方の基本をあなたが知っておくことで、誰かの大切な命を守れる可能性が飛躍的にアップしますので、ぜひ習得していただきたいと思います。

スポンサードリンク

AEDの設置場所は?

AEDの装置が心室細動の患者の応急処置応急処置に使用するものだということがおわかりいただけたかと思いますが、肝心の装置自体はどこに置かれているのでしょうか?

近年では設置する施設も増え、現在では街中の主要施設(幼稚園、学校、銀行、ショッピングセンター、市役所、診療所、歯科医院など) で設置されています。コンビニエンスストアへの設置も年々増加傾向にあります。

万が一、患者がいる場面に遭遇した時には、あなたが心臓マッサージや人工呼吸の方法を習得していればそれを行なうべきですが、併せて周囲の人にAEDの装置がどこかにないか探してもらうように呼びかけることも重要です。

逆に、心臓マッサージや人工呼吸を行っている逼迫した現場に遭遇した場合には、介抱している人と連携し、あなたがAEDを探してくる役割を受け持つと良いでしょう。この時もあなただけで行動せず、周囲の人に広く呼びかけて協力を仰ぐことが大切です。

AEDの使い方を知っておこう

AEDは医療職でない人も人命救助をすることが可能な装置です。本体セットにはイラストが描かれており、また、使用開始後は音声で操作法を指示してくれるので、誰でも落ち着いて操作をすれば正しく扱うことができます。

AEDの使い方

1.AEDの電源を入れる

AEDの種類によってはふたを開けると同時に電源が入るタイプのものもあります。音声の指示に従いましょう。

2.パッド(電極)を装着する

患者の衣服をはだけ、何も付けていない胸にパッド(電極)を貼りつけます。貼り付ける場所は、パッドにイラストで描かれています。 概ね心臓をはさむ位置に貼り付けます。胸に金属・水分(汗など) があると、効果が低くなる場合があるので除去してください。

胸をはだけるのでプライバシーへの配慮が必要です。特に女性の場合は胸の上に上着をかけたり(ブラジャーを外す必要はありません)、周囲の人が協力して人の壁を作ったり、協力者の中に女性がいればAEDのパッドの貼り付け自体をお願いしても良いでしょう。

ただし、一刻を争う状況の中では、プライバシー配慮にまで気が回らないことも考えられます。あくまで救命活動が最優先です。

また男性の患者で胸毛が濃い場合は、セットにカミソリが入っていればそれを使用してパッドを貼り付ける部位の胸毛を剃りましょう。極端に毛深い部位ではパッドが肌に密着せず電気ショックの効果が十分に得られない可能性があるためです。

3.機械が心臓の波形(心電図)を読み取る

コネクターを挿し、パッドと機 械をつなぎます(機械によっては、最初からつながっているものもあります)。パッドと機械がつながると、自動的に解析(心電図の読み取り)が始まり、除細動が必要ならば「除細動が必要です」のメッセージが流れて充電を開始します。

この時に、誤作動を防ぐためと周りの人が感電することを防ぐため、周りにいるすべての人が患者に患者に触らないように大声で周囲に注意してください。

4.除細動を行なう

除細動の準備が整ったら、点滅するボタンを押します。 除細動が行われます。除細動後は再度解析が始まりますので、患者に触ってはいけません。

5.再度「ショックが必要です」のメッセージが流れたら、 再度誰も触っていないことを確認してから、除細動を行なう

「ショックは不要です。患者にふ れても大丈夫です」とメッセージが流れたら、循環のサイン(息があるか、咳をしているか、身体に動きがあるのか) を確認し、なければ心肺蘇生法(心臓マッサージと人工呼吸)を行ないます。

まとめ

今回はAEDの使い方について解説いたしました。緊急時には、正しくAEDを使用することで人の命を救うことに大きく貢献ができます。それには、万が一の場面で慌てないで機器を操作できるように、事前に基礎知識を頭に入れておくことが重要です。今回の記事がいざという時のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク