1940年の出来事

1940年(昭和十五年)の出来事

1940年のニュース

日本首相

阿部信行、米内光政、近衛文暦

アメリカ大統領

フランクリン・ルーズベルト

主な社会の出来事

1月6日:米内光政海軍大将による内閣が発足。

2月2日:民政党の斎藤隆夫による反軍演説事件。

3月28日:カタカナの外国風芸名を改名せよとディック・ミネらが通達を受ける。

4月8日:国民体力法公布(ツベルクリン反応・X線撮影などを義務化)。

4月11日:電話局が全国一斉に個人加入申し込み受付開始。

4月24日:米・味噌など2品目に切符制採用が決定。

5月3日:東京市は管下の米穀販売店に外米6割混入を指示。

5月10日:チェンバレン英首相が辞任し、チャーチル挙国連立内閣が発足。

5月13日:日本勧業銀行などが報国債券を発売(1等1万円)。

6月10日:伊が英・仏に宣戦布告。

6月14日:独軍がパリに無血入城。仏政府はボルドーに移転する。

6月27日:ルーズベルト米大統領が国家緊急事態を宣言。

7月10日:独空軍が英の空襲を開始。

8月1日:東京市内に「ぜいたくは敵だ」の立看板が設置される。

8月1日:東京の食堂、料理屋などで米食禁止。

8月5日:警視庁衛生部がパーマネント自粛を厳達。

8月15日:民政党が解党。

8月17日:国民生活新体制要項が発表される(飲料店・映画館の営業時間制限、自動車使用制限、遊覧旅行制限など)。

8月21日:トロツキーがメキシコで暗殺される。

9月2日:贅沢料理禁令初日。

9月2日:料理屋・飲食店の酒類販売を午後5時以降に制限。

9月23日:日本軍、北部インドシナに進駐を開始し交戦。

9月27日:日独伊三国同盟がベルリンで調印される。

10月1日:興亜奉公日(自家用車禁止、盛り場の商店の閉店時間制限など)。

10月12日:大政翼賛会結成。

10月31日:東京のダンスホール閉鎖。

11月5日:ルーズベルトが米国史上初めて大統領に3選する。

11月10日:紀元2600年記念式典。各地で提灯行列などの祝賀行事。

スポンサードリンク

1940年の流行や文化

ラジオ

  • 帝国議会から初のラジオ中継
  • 国民歌謡で「トントントンカラリと隣組」連続放送

映画

  • 「支那の夜」長谷川一夫、李香蘭
  • 「小島の春」夏川静江
  • 「燃ゆる大空」大日方伝
  • 「宮本武藏」片岡知恵蔵

コマーシャル

  • 「献納広告」として時局利用広告登場

ベストセラー

  • 織田作之助「夫婦善哉」
  • 田中英光「オリムポスの果実」
  • 南洋一郎「密林の王者」
  • 吉川英治「三国志」
  • 三木清「哲学入門」

マンガ

  • 加藤悦郎「新体制漫画読本」
  • 大城のぼる「火星探険」
  • 横山隆一「フクチャン部隊傑作集」

流行語

  • 新体制
  • 大政翼賛
  • 臣道実践
  • バスに乗り遅れるな
  • 贅沢は敵だ
  • 祝ひ終わった、さあ働かう
  • 零戦
  • 隣組

流行歌

  • 「誰か故郷を思はざる」霧島昇
  • 「湖畔の宿」高峰三枝子(発売禁止処分)
  • 「蘇州夜曲」渡辺はま子・霧島昇
  • 「紀元二千六百年」
  • 「荒鷲の歌」
  • 「峠の我が家」
  • 「お玉杓子は蛙の子」
  • 「目ン無い千鳥」

流行

  • 大学生に名曲レコード鑑賞流行
  • 正倉院御物が初の一般公開
  • 愛国子供カルタ

新登場

  • 勝関橋開通
  • 武蔵野デパート(西武百貨店)
  • 国産たばこ「バット」は「金鶏」、チェリーは「桜」に改名
  • 中学生の制服が国民服・国防色に統一

スポーツ

  • 東亜競技大会開催
  • 日本野球連盟が用語改定(監督を教士、選手を戦士、マネジャーを秘書とする)
  • 戸田ボート・コース開場

おくやみ

  • 西園寺公望
  • 5代目三遊亭円生
  • 2代目市川左団次
  • 5代目中村歌右衛門

物価

  • 入浴料:大人7銭
  • もりそば15銭
  • 牛乳1本10銭

スポンサードリンク